FC2ブログ

令和3年度 公立高校の募集定員






来年度の公立高校の募集定員について説明がありました。
中学校の卒業者数が9,849人となり前年より316人減少のため、私立高校の募集も考慮して金沢地区で3学級減となりました。
参考までに平成元年は中学卒業者が約2万人いましたが、来年は1万人を下回り人口減少が顕著に表れています。
スポンサーサイト



㈱羽田 ファッションマスク





能美市にある株式会社 羽田さんは繊維・テキスタイル・衣料に関することを手掛けており、コロナ禍のなか珪藻土入りファッションマスクの販売をはじめました。

長時間着けても快適なマスクです。会社やスポーツチームなどオリジナルロゴを付けることが出来ます。

岩内町防災訓練







市の担当者から手取川の洪水や加賀平野の巨大地震を想定した、避難のポイントを受けた。

その後、自衛消防団員が各戸の消火器の使用期限と火災警報器を点検した。

高橋川改修促進期成同盟会





高橋川は旧鶴来町から、野々市市、金沢市の新興住宅地から犀川の支流に合流する二級河川。

議長代理として総会に出席した。

厚生文教常任委員会








厚生文教常任委員会が行われ、8月に入ってからカラオケ関連のクラスターやお酒を伴う会食関係のクラスターにより感染者が特に南加賀で増加した。
今秋までにはPCR検査が現在の3倍近くになる一日あたり800件まで拡大するなど報告を受けた。

私からは南加賀医療圏では117人が治療中なのに病床数が29床と少ないことを取り上げた。



soil mask(ソイル マスク)




能登(珠洲市)の珪藻土を使用した、コースターや足マットを商品化して海外でも販売されてる、ソイル(soil)の石動社長が副議長室へPRにお越しいただきました。

夏用マスクとしてサイズを少し小さくしてあります。カラーバリエーションも増やすとのこと。

薄くて着け心地も快適。

北方領土早期返還要求 石川県民大会





北方領土早期返還要求石川県民大会が行われました。

戦後75年が経過した今日もなおロシアの占拠が続いており、当時いた約17000名の島民は故郷を自由に訪れることさえ許されていません。

北方領土は我が国の領土であるとこを再認識し後世に伝えましょう。

金沢中央観光案内所







金沢市の尾山神社近くに金沢観光案内所がオープンしました。石川県と金沢市が共同で運営します。

コンシェルジュは全員が外国語に対応出来ます。

伝統文化の体験や実演コーナーはコロナ禍が終息するまで当面中止。

鼠多門・鼠多門橋









金沢城の一部あった鼠多門・鼠多門橋が140年ぶりに復元整備されました。

これによって金沢城と尾山神社が直接繋がるので、長町武家屋敷から尾山神社、金沢城公園、兼六園、本多の森にある国立工芸館、県立美術館、県立博物館などを通る、加賀百万石回遊ルートで街歩きを楽しむことが出来ます。

金沢港クルーズターミナル










金沢港のコンテナ貨物の取り扱い量は年々増加し、クルーズ船の寄港数も50本を越えるなど、日本海側の拠点港として発展しています。

2020東京オリンピック・パラリンピックも見据えた金沢港クルーズターミナルが完成しました。

二隻同時接岸時に4000人の乗客を2時間で対応できる広さがあるCIQ・待合エリアが設けてあります。

展望できるレストランや体験ルームもあるので、是非お出掛けください。

西川・熊田川の治水対策





能美市の根上地区と白山市の湊地区の西川・熊田川では、手取川の合流地点で手取川からのバックウォーター現象により、住宅や畑に浸水する被害が過去に何度も起きている。
そのため、谷本知事と城ヶ崎土木部長に治水対策を要望した。

対策として、国の方でゲートを設置してバックウォーターを防ぎ、県の方で河川の川幅を広げて対応する。

手取川宮竹用水土地改良区




手取川宮竹用水土地改良区の総代(3区、5区)の方々と意見交換を行いました。

近年の思わぬ豪雨や農地転用による開発行為で、用水への水量が増え、越水による農業被害や老朽化した用水の補修など、要望を承りました。


母校への贈呈式






先月の事ですが母校である寺井高等学校に、新型コロナウイルス対策として、非接触型体温計、リモートに役立つプロジェクターやスクリーンなどを同窓会として寄贈致しました。

安心して学校生活が送れることを望みます。

小松基地 金沢友の会





小松基地 金沢友の会総会がAPAホテル金沢駅前で行われた。

APAグループの元谷会長が挨拶し、コロナ禍でホテルの新規建設が見送られ、競争相手が減り、益々APAホテルの1人勝ちだと強気の発言。

この春に航空自衛隊 小松基地司令に就任した、加治屋秀明 基地司令にご挨拶。前任の門間基地司令と同様のお付き合いをお願いしました。

旅館やホテルを守る





石川県旅館ホテル協同組合と国会議員との懇談会が行われました。

国内外の観光客に趣を置いていたホテルや旅館業はコロナ禍の影響で、全くの宿泊予約が無い状況となりました。
そこで石川県の宿泊割りにより何とか息を吹き返した状況です。

8月予定の国が進めるGotoキャンペーンが切れ目なく行われることを要望しました。

誕生日と父の日






毎年のことですが、6月17日の誕生日と第3日曜日の父の日が近いので、会わせ技で済まされますが、今年はいつもと違った(笑)

娘が料理を作りました。

プレゼントはお決まりのゴルフウエア。

有り難う御座います(^人^)

小松マテーレの最強マスク





能美市の小松マテーレが開発した。夏用のマスクを頂きました。

ムレ防止と熱中症対策にダントツマスクール

抗ウイルス対策のマスクインナー

両方合わせてダントツフィットインナーは最高の機能を発揮すると説明書に書いてありました。

石川県ドクターヘリについて






一昨年秋に石川県に導入されたドクターヘリは、緊急現場に医師を投入して早期の救命措置や高度医療の病院へ搬送したりする。

昨年度は343件の実績があり主に奥能登が多い。

移動制限が解除され東京から地元に戻った、西田衆議院議員と共に健康福祉部の担当者から説明を受ける。

一般質問の午後は議長席







18日(木)は一般質問が行われ、午後の2時間程度でしたが、稲村議長の代わりに議長席で議事を進行させて頂きました。
次回は22日(月)の予定です。

東海北陸7県議会ウェブ会議






東海北陸7県議会のウェブ会議が議長室で行われ、副議長として参加いたしました。

自己紹介の後、各県からの発言があり、稲村議長からは石川県のコロナウィルス対策の取り組みが説明され、意見交換のあと7県の連携を確認した。

商工実業同友会役員会






昨年から私が会長を務めている、商工会青年部のOB会で商工実業同友会の役員会がコロナ渦で延期されていたが、私の都合に合わせて行った。

令和2年度の事業計画では秋ごろから定例会や研修会など開催予定した。


温泉もオール加賀で







加賀地域の山中、山代、片山津、粟津、辰口、白山の温泉関係者が、県の宿泊割引の感謝と6温泉の枠組みで、三年後の北陸新幹線県内全線開業に向けて、魅力発信と誘客の意気込みを谷本知事に伝えた。

能美市・川北町商工会









5月下旬、中小企業や個人事業主をサポートしている、能美市商工会と川北町商工会を訪問して、国や県のコロナウィルス対策の給付金や補助金の申請がスムーズに行われているのか、どのような声や問題点があるのか状況を伺うため訪問した。
能美市商工会では本会長と中西事務局長、川北町商工会では小川事務局長と面会した。
特に高齢の会員さんはパソコンを持ってないため、書類作成が難しく職員がマンツーマンで指導に当たるなど、件数が多いため時間が掛かっているなど、話をお聞きして課題を県及び商工会連合会に持ち帰っり尾崎専務にも伝えた。


大日川ダム 取水ゲート







手取川のさらに上流になる大日川ダムは農業用水や洪水被害を防止する役割があります。しかし、建設から50年以上が経過して取水ゲート設備の老朽化しました。そのため、改修整備と耐震化工事に事業着手するため、設立総会が5月27日に白山市で開催され議長の代理として挨拶した。

厚生文教委員会





厚生文教委員会(5月22日)が行われました。

教育委員会では教育長に、臨時休校による授業の遅れを今後どのようなスケジュールで取り戻そうとしているのか。今後の予定を聞いたら、遅れている27日分を
夏休みで17日をカバーして、残りは土曜日や学校行事を利用すると説明がありました。

運動会や修学旅行など、最終学年にとっては学校の思い出に残る行事を割愛しないで実施するようにお願いした。

夏の甲子園、全中、高校総体、地方大会が中止となり、目標を失いモチベーションが下がっている生徒もいる中、中学、高校の部活動を進めていくためにも、県独自大会を要望した。


健康福祉部では来月開設する、ドライブスルー方式の「いしかわPCR検体採取センター」の運用について、地域のかかりつけ医から直接センターに予約してPCR検査の実施が出来るように要望した。

谷本知事へ申し入れ







石川県議会として5月15日に、新型コロナウイルス感染症対策に関する申し入れを谷本知事に行いました。

出口戦略として
・新しい生活様式の周知徹底
・検査体制の確立
・日常生活の正常化
・中小零細企業への支援
など。

元気いしかわがマスクを寄付





5月14日でしたが、石川県還暦軟式野球連盟の中で、年長者で結成する、「元気いしかわ」チームが医療従事者及び他職員への感染防止対策の一助としてマスクを2500枚寄付しました。

今は野球場も閉鎖して練習が出来ないので、余った力をマスクに託したようです。

健康福祉部で笹川課長にお渡ししました。

私は連盟の会長として随行した。

石川県のマスク購入券





新型コロナウイルス対策の対応で災害・県土強靭化対策特別委員会が開催された。

県民から対応が遅いと言われていた、マスク購入券によるマスクの販売開始日が5月18日に決まり、購入価格は予定よりも安く調達が出来ることになり、2350円から2000円に値下げした。

販売開始日と価格変更の県民への周知徹底をお願いした。

白山さんのお一日詣り





外出自粛だがいつものメンバーで行う、早朝4時半からの白山さんのお一日詣りは欠かさない。

ステイホームで家族麻雀





ゴールデンウィークは外出自粛のため家族で3麻。

息子と娘が二人ともマージャンが上手くて驚いた。

マスクインナー





能美市にある小松マテーレさんが開発した、ウイルスを低減するマスクインナーは口元の蒸れがなくとても快適。

近所のおばさんから頂いたお手製のマスクとも愛称もバッチリ。

有り難う御座います(^人^)

ドライブスルー方式 PCR検査




4月の厚生文教委員会では、他県でも実施しているドライブスルー方式のPCR検査を要望した時は慎重な姿勢であったが、石川県でも6月から実施が決まった。

自民党石川県連総務会






4月18日

コロナウイルス感染拡大防止のため、自民党県連大会に代わる総務会が開催され、石川県支部連合会役員が決定しました。

会長には山田修路参議院議員が就任し、私は地方議員連絡協議会 副会長に選ばれた。





知事への要望







4月17日
県議会として各会派の意見を纏めて、谷本知事に県内における新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた申し入れを行いました。

私からは特に県職員の職場が缶詰状態のため、時差出勤、在宅勤務、交代勤務など、事業所でのクラスター対策を申し入れました。

石川県議会 各会派懇談会






4月10日

石川県議会の各会派の代表が集まり、党派を越えて新型コロナウイルスの対策について話し合った。

石川の8温泉地







4月10日

県内の8温泉地(山中、山代、片山津、粟津、辰口、湯涌、和倉、輪島)の関係者が、県議会に新型コロナウイルスの影響により、売上が前年比同月で8〜9割減となり、温泉旅館は固定費が大きく月々の維持費の支援を県に要望されました。

温浴施設は市町に寄っては多額の入湯税を納めており活用が望まれる。

石川県立保育専門学校







石川県立保育専門学校の入学式では議長代理として祝辞を述べました。

田中新副知事は告辞。

昨年の10月から幼児教育・保育の無償化がスタートして、子育て世帯の経済的負担が軽減されましたが、保育ニーズの増加、多様化、複雑化によって、保育士不足や保育の質の問題などが課題となっています。

私の娘も保育園に勤めており、やりがいのある職場だと話してることも伝えました。

学園生活を楽しみながら、子供達のために宜しくお願い致します。

新型コロナウイルス対策として






新型コロナウイルス感染症対策について、自民党県議会議員会派として、谷本知事宛の要請書を総務部長に渡しました。

今日から学校が再開しますが、感染者が増えてる状況で、特に高校生はバスや電車で通学するので、リスクが高いと心配する声が多いとも伝えました。

就任の挨拶に






西田代議士は就任のお祝いで、田中新副知事と徳田新教育長は就任の挨拶で副議長室にお越しになった。

善田善彦 副議長に就任








石川県議会の113人目の副議長に就任いたしました。皆様に感謝申し上げます。

多くの方からお祝いのお言葉やお花など本当に有り難う御座います。

コロナウイルスの影響で明るい話題がありませんが、こんな時だからこそ、県議会として、県民が安心して暮らせるように確りと対策に努めて参ります。

遠慮なく副議長室にお越し下さい。



岩内町 春祭り






岩内町神社にて

岩内町春のクリンデー





岩内町の春のクリンデーが行われ、新型コロナウイルス対策に気配りながら、主に排水路の泥上げを行ってた。

石川県議会 一般質問









令和2年2月定例会(3月3日)にて
・新型コロナウイルス対応について
・首都圏販路開拓について
・地域づくりについて
・川北花火大会について
・県民体育大会について
・道路整備について
・交通事故対策について

新型コロナウイルス対応






新型コロナウイルス感染症についての緊急説明会が25日県議会にて行われました。健康福祉部から県内では残念ながら4名(29日現在6名)が感染しましたが、風邪や季節性のインフルエンザ対策と同様に冷静に対応して欲しいと説明がありました。インフルエンザには毎週500人がかかっているので、判断が難しいのも問題です。

27日、政府は3月2日から公立小中高等学校に対して休校を要請しました。学校現場や保護者も対応に大混乱しており、春休みの前倒しなど柔軟に対応して欲しい。

石川県の伝統的工芸品活性化




経済産業省にて伝統的工芸品産業の現状と海外販路開拓などの支援施策について説明を受けた。

石川県には九谷焼など10種が国の伝統的工芸品に指定されてる。

山田邦子さん






東京ドームホテルのラウンジで山田邦子さんとお会いしました。以前はコメディアンのイメージがありましたが、本を読んでる知人から今は文化人だよと言われ、会話の中からとても納得しました。令和の時代も頑張って欲しい。

いしかわ百万石マルシェ









「いしかわ百万石マルシェ 2020冬」が東京ステーションホテルにて開催されました。

石川県の豊かな食材や加工品などを、生産者が自らが首都圏のレストラン経営者や食品業界のバイヤーに紹介する機会となります。

能美市では
岡元農場さん
たけもと農場さん
国造ゆずや赤井ニンジン。

能登牛の寺岡畜産さん
お酒販売の七海屋さん
等など。

いしかわ伝統工芸フェア










いしかわ伝統工芸フェア2020が東京ドーム隣のプリズムホールで開催されました。

今年のスペシャルゲストは斉藤慶子さん。

北陸3県議会議員研修会






北陸3県議会議員研修会が富山県で行われました。

2019ラグビーワールドカップ日本代表ジャージ開発に関して、ポジションや選手の体格に合わせた機能性を持ったユニフォーム開発の苦労話などをゴールドウインテクニカルセンターの沼田氏より伺った。

福井県議会の長田議員と山浦議員は小松空港国際化推進議員連盟の一員

きんどん会 新年会







異業種で構成された「きんどん会」の新年会が行われた。

代表世話人であるハチバンフーズ(8番ラーメン)の後藤社長が挨拶。
ぜんだ善彦後援会サイト

 

善田善彦なう 旧ブログ